ROASを合わせて踏み込む

「あとは踏み込むだけでOK」
この状態をいかにつくれるか、にフォーカスした1ヶ月でした。
シンプルに仕入れと販売の差分をいかにつくるか。
投資対効果ともいえるROASという考え方。
自分自身の人生も、基本投資対効果で考えるべきなんだと思う。

例えば、
美味しい食事によって、成果が出るなら。行くべきだと思いますし、
よく寝て、ちゃんと成果が出るなら、よく寝るべきだと思います。
マッサージに行って、身体がほぐれて成果が出るなら行くべきです。
ROASは、食事や睡眠、マッサージに掛けるコストが、
どれくらい回収できているのかを図る指標です。

どのくらいの食事を摂れば、何時間寝れば、どのくらいの頻度で行けば、
というコストを可視化することと、
実際にそれらによってどれくらいの成果が生み出せたかを、
回収率である程度考えることは、厳密な数字でないにせよ、必要だと思います。
というか、厳密な数字で出せないことの方が多いので、
リターンが大きいか否かの見込みを見極めるという方が現実的かもしれません。

例えば僕の場合、
新卒時代、週110時間労働というのは、
物理的な時間をかけることで、
仕事を覚えることができれば、
先輩と仲良くなれれば、
同期の中で突き抜けることができれば、
あとあと回収はできるはずだきっと、と信じて、
自分の起きている時間のほとんどを会社に捧げました。
5年後の今、十分回収できていると思いますし、
もっともっとリターンを得るために、
踏み込むドメインを今も日々探しています。