by the way営業(whyから始める営業スタイル)

 In 未分類

「僕は世界を変えたい」(will)
「今、僕はここにいる」(now)
「過去、こんなチャレンジをしてきた」(done)
「ところで、次のチャレンジはこれです」(what)

by the way営業
それは営業マンとしての価値を最大限発揮したときに初めてできる技のこと。
「ところで〜」というワードをきっかけに、本題を切り出すこと。
相手にとって、本題は本題ではなくなり、話のディテールの一部となる。

営業マンである自分自身に共感してもらい、
自分の志に共感してもらい、
最後に「ところでこれが、僕の志の一部である○○です」と、紹介する営業方法。
これを完璧にマスターしたい。

what(紹介するサービス)からではなく、
why(なぜ、理由)からはじめることが必要。
多くの営業マンはwhatから始める。
すると、商品力で断られてしまう。
商品を比較されてしまう。
商品がいいと、営業マンに関係なく売れてしまう。
つまり、営業マンとしての価値を高めづらくなってしまう。

僕が目指すチームは、個々人が自立した営業集団。
一人一人がタレントであるようなチーム。
いい意味での属人性がそこにあってしかるべき。

そのために必要なことは、
志を磨くこと。
過去と現状を正しく理解し、伝えること。
何事もwhyから始めること。
ストーリーを捉え、伝える努力を怠らないこと。

福山 敦士
福山敦士 横浜生まれ横浜育ち。学生時代は野球部ひと筋。 小/中/高/大の全てで全国大会に出場。甲子園ベスト8。 日本一を2度経験する。日本代表にも選出される。 新卒でサイバーエージェントに入社。子会社の取締役に就任。 「リファラルセールス(R)」という独自の手法を使って、 新規の顧客開拓を自由自在に行えることが強み。 2016年に独立。現在は、会社を2社経営。 レーザービーム社ではBPOサービス、キャリア教育事業を主に行っている。
Recent Posts

Leave a Comment