「どうしたら紹介がもらえますか?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【質問】
それぞれ自己紹介、紹介してくださいの旨を
伝えるタイミングを教えて頂きたいです。

①価値観の自己紹介をサービス説明の前にする。
②福山さんの動画にて拝見した
「最初に次を紹介してください」と伝える。

【導入してみた結果】
①自己紹介したはいいものの、
相手がどのようなスタンスで聞いてくれているのかがわからない

②自己紹介、サービス説明後に入れようと考えたが
自分自身タイミングがわからず最後に入れてしまい、紹介がおきなかった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【福山の回答】

プルデンシャル流に言えば「私は紹介だけでやってます」と最初に伝えることじゃないですか。
「日本の生命保険の会社はCMにお金をかけています。我々はCMをしません。だから紹介しかないのです。大切にしたい人を紹介してください。」
「私と会えたのはなんでだと思いますか? 〇〇さんが”紹介”をしてくれたからですよね? 今度はあなたが紹介する番です。だれか紹介してください」
と、プルデンシャルの教科書に書かれているので、何百名か存在するトップセールスといわれる人たちは、その通り語りかけます。

ビジネスの基本は「相手に貢献すること」です。
小手先のノウハウはそれはそれで大事ですが、
みんな知ってても差が出るのは基本を守れなくなるからです。

紹介してほしい=自分の成果が欲しい
そればかり打ち出してくる人は、人が離れていきます。
ビジネスで成果を出したいのであれば、とことん相手に貢献することです。
目の前の人のことを大切にすることです。
それ以外はないです。
明日からできる動作に落とし込んでいうと「自分から誰かを紹介する」ことをしましょう。

<余談>
紹介営業って、語られてることと現実に起きてることにはギャップがあります。
本当に紹介が止まらない人と、
紹介営業という名のもと、誰でもいいから紹介してよ!とせがむ人(それで成果を上げている人も多数います)
その辺の違いは、自分が営業されることで理解出来たりもします。ぜひ営業を受けましょう。

この手の話をしたい方はぜひ営業ゼミへ
https://goo.gl/6Ukgu1

パーフェクトエナジードリンク【アロンザ(ALONZA)】