セールスUX (営業もユーザー体験がすべてを決める)

 In 未分類

セブン-イレブン/カウンター拡大の新レイアウト、日販で4万6600円の増収効果

 

レイアウト1つで売上が変わるのは、
ネットの世界ではかなり研究されてる印象ですが、リアルの世界でも同じですね。

うちの近くに最近新しくできたセブンイレブン南青山5丁目店もこのレイアウトで、

僕自身も購入単価が増えてる実感があります(雑誌以外の商品接触時間が増えてるように感じます)。

店舗レイアウトといえば、IKEAなんかも購買単価が上がるような設計がされてるという話が有名ですね。

村上さんが仰った「渋谷駅のUXが最悪」というのも、数字に表れています。

面倒なのでURLは貼りませんが、2013年の東横線の地下鉄化を境に、どんどん渋谷駅利用者数が減っているようです。

JRと東急電鉄と東京メトロと、どこが責任を感じてるのか定かではありませんが、

複数社が絡むビジネスの場合、よりUXの設計は難しくなります。

利害関係もありますし、意思決定のスピードが違うだけでプロジェクトの進行に大きく影響が出ます。

 

複数社のビジネスの難しさを、M&Aで解決した好事例がDeNAによる横浜スタジアムの買収ですね。

これも説明が面倒なので、横浜スタジアムのUXを感じたい方はぜひ横浜スタジアムに行って観戦に行くことをおすすめします。

仕事柄、年間いろんな球場やドームに行きますが、

横浜スタジアムのUXは試合前から試合後まで素晴らしく洗練されています(ナゴヤドーム、東京ドーム、神宮球場は、正直レベルが低く感じます)。

こーゆー話も含めて営業だと、ぼくは考えています。

福山 敦士
福山敦士 横浜生まれ横浜育ち。学生時代は野球部ひと筋。 小/中/高/大の全てで全国大会に出場。甲子園ベスト8。 日本一を2度経験する。日本代表にも選出される。 新卒でサイバーエージェントに入社。子会社の取締役に就任。 「リファラルセールス(R)」という独自の手法を使って、 新規の顧客開拓を自由自在に行えることが強み。 2016年に独立。現在は、会社を2社経営。 レーザービーム社ではBPOサービス、キャリア教育事業を主に行っている。
Recent Posts

Leave a Comment