孤独を愛すること

明日、熊本大学の学生にむけての講演会があり、
ただいま熊本におります。
くまモンの生誕祭を横目に資料を作っております。
日曜日、閑散とした熊本の夜空の下、
一人信号待ちをしていると、
なぜか涙がこぼれ落ちてきました。
僕は、孤独な感情が好きです。
過去の成功体験と全て紐付いているからです。
成果を出すために、一人でせっせと仕込みをする。
孤独と向き合い、仕込みを続けて、ある時他人に披露する。
仕込み中は誰にも褒められない。興味は持たれる。
いいね!とは言ってくれる。
でも、進んで協力はしてくれない。
誰も見たことのないことをやろうとすれば尚更。
結果が出ると、こぞって話を聞きに来る。
僕は、マイノリティーな道を選んできました。
僕は、ルールチェンジャーの道を選んでしまいました。
ルールを変える側の立場で在り続ける必要があります。
とことん反対されよう。とことん驚かせよう。
知らない間に世の中を変えよう。
死んだ後に、1万円札の顔になろう。
今は、そんな気持ちでいます。
2016年、2度の独立後、
常に奥さんと一緒にいました。
プライベートで幸せにできる自信がなく、
仕事では必ず幸せにできる自信があったため、
仕事に巻き込んで苦楽を共にしようと決めたからです。
今回、久々に一人でヒコーキに乗った時、
どこか寂しさを感じました。
もともと孤独であることは得意でしたが、
人間は近くにいた人と離れる時に、
寂しさを感じるものなんだなと改めて知りました。
久々に孤独を感じた気がします。
年末、こもった以来です。
この孤独の時間が、自分の感性を磨いてくれる気がします。