されて嫌な営業(保険営業)

 In 未分類

メンズコスメBULK HOMME(バルクオム)

営業を行う上で大切なこと
大切なポイントはたくさんあるけど、
「相手のことを理解すること」は、
特に外せないポイントだと思ったので、
忘れないうちにメモ。

今日、素晴らしい商品の営業を受けました。
商品自体は素晴らしいのに、
何か気持ちが前向きになりませんでした。

その商品は、保険の商品でした。
ドル建て?というドルで貯金し、
10年ほど経つと解約しても満額返ってくるし、
万が一の保証もちゃんとついてくるという話でした。

寝かしてしまっている貯金がある僕は、
論理的には契約した方が数字上のメリットはありそうでしたが、
決断できませんでした。

決断できなかった理由を整理してみると

「僕の人生観に合っているかどうかわからなかった」

という1点だけでした。

お金の使い方は、自身の人生を表します。
それ自体で、人生が決まると思っています。

「保険なんか必要ないくらい稼ぎ倒しますよ」という気持ちと
「とはいえ、万が一のことも考えておかなくては」という気持ちと
「同じ資産運用なら、別の投資の選択もあるのでは?」という気持ちと

話を聞きながら揺れ動く自分がいました。
ただ、営業マンが数字の話しかしてくれませんでした。

僕がこれまでどんな決断をしてきて、
今後どういう人生を展開していくのか、
その話から逆算し、どういう投資がベターなのか、
そこから話してもらいたかったなと思いました。

自分の住所、年収、人生計画などの
かなり踏み込んだところを話す相手として、
その営業マンを迎え入れるかどうかの選択をするので、
営業マンがそこに正々堂々と踏み込んできてくれないと、
正直不安です。

中途半端なセールスは、お互い時間の無駄なので、
やるならグイグイ踏み込んできてほしい。
「責任持って預からせてくれ!」と言えないような人に、
僕の資産は任せられないと思いました。

メンズコスメBULK HOMME(バルクオム)

福山 敦士
福山敦士 横浜生まれ横浜育ち。学生時代は野球部ひと筋。 小/中/高/大の全てで全国大会に出場。 日本一を2度経験する。日本代表にも選出される。 大学時代は野球に加え人工知能の研究に従事。 新卒でサイバーエージェントに入社し、子会社の取締役に就任。 現在は、会社を2社経営し、人工知能・認知科学を応用した独自の方法論を使ってあらゆる事業社(業種問わず)のグロースハックを支援。 レーザービーム社ではキャリア教育事業を主に行っている。
Recent Posts

Leave a Comment