2016年振り返り

年始の目標は1勝2負(未決着2)でした。
途中途中に立てた目標はことごとく達成していました。
これは昨年同様。

年末はクリスマス前から沖縄でゆっくりし、
過去11年分のブログをじっくり読み返しました。
自分の考え方が全く変わっておらず、驚きました。
自分の言葉に洗脳されているだけの可能性はありますが。

特にここ3年間は、
読まれることを意識した文章に仕上がっていました。
正直読んでいて、おもしろみがなかった。
後半は、見栄も見え隠れしてて、なんかすごく疲れた。
少し恥ずかしくなる内容だった。
ブログは、その人の性格や生き方が
そのまま出るんだなと改めて感じました。
 
独立後は、とにかく存在意義を見出すのに必死でした。
「認められたい」という気持ちがありつつ、
きちんとお金も作らないと死ぬ、という気持ちがありつつ、
目の前のチャンスにとにかく食らいつき、
なんとか生きてきました。
 
死が怖くて、死から逃げるように
すごく生き急いできましたが、
出す結果、出す結果がこじんまりしていて、
何か釈然としない日々が続いております。
 
残りの人生を生き急ぎ、
まんべんなく、いろんな経験を求めすぎて、
高く飛びきれない方が悲惨なんじゃないか
と思うようになりました。
 
とはいえ、いろいろな将来を考えすぎて、
変に打算的にキャリアを作ろうとしている自分もいました。
 
自分の経歴によって自分を表現している。
積み重ねてきた自分の歴史はどれも、
その日その時に必死だった。
一生懸命に生きてきた時間の積み重ね。
 
「あっちゃんはその時々を必死にやってきたからね」
 
大学時代の先輩に言われ、ハッとしました。
 
「何者でもない自分」
そんな自分でいることが怖くて、
いろんなタグをペタペタと貼ってきた。
自分と向き合ってきたようで、
向き合えていなかったかもしれないなと反省。
 
キャリアを作るとは、今を全力で生きること。
なんかそんな気がしてきた。