2006年7月23日

僕の人生の転機となった日。
中日ドラゴンズの福田くんの誕生日でもあるこの日。
高校3年生の夏の大会、ベスト8をかけた戦いで負けた。
横浜商大高校、相手ピッチャーはその後高卒でプロになった松山くん。
今はどこで何しているのだろう。

間違いなくあの日が僕にとって
終わりであり、始まりとなった日だった。

IMG_3352

「敦士、いろいろと苦労かけてごめんね」
試合後、家に帰った後に母親に言われた言葉。
「何をおっしゃるお母様」
普通に考えて、僕から母親に感謝を告げるタイミングだった。
でもそれは、大学で野球を続けることが無理だという意味でもあった。
薄々気づいていた。流暢に野球なんて続けていられない。
そもそも大学に行くかどうかすら悩んでいた。

さっさと働いてお金を稼いでしまいたかった。
さっさと気兼ねなく外食できるくらい、
財布に1000円札がない時間がないようになりたかった。
プロの野球選手への道を正式に諦めたタイミングだったと思う。
そして、この日を境に、プロの社会人としての道へスタートを切ったタイミングだった。
3日後にはバイトをスタートしました。お世話になった佐々木塾で。
同じ日に、日吉では大学野球部のセレクションが行われていました。

波乱万丈だった高校時代、野球どころではなかった。
周りは金持ち、うちは薄い壁の狭いアパート。
星雲高校にツギハギの学ランで通う星飛雄馬のような心境だった。
逆に星飛雄馬のような前例があったから頑張れたのかも。

社会人になってから3度入院し、
今もなお身体をフルMAXで酷使しながら働く今でも、
かなわないなと思うくらい働いていた母親。

文字通り倒れるまで働く姿を目の当たりにしていた。
社会人になり、海外旅行をサクッとプレゼントできるようになった。
次は世界一周旅行でも行ってもらいたい。
そこでたくさん写真を撮ってきてもらい、一番いい写真を遺影に使おうか。

あれから10年たった。
生活はだいぶ変わった。
野望から志にようやく変わろうとしている。
まだまだ野望の方が圧倒的に強いけど、
共感してくれる人を増やし、より大きなことを、
より勇気をあたえられるようなことをやりたいと思う。
怖いものなど何もない。
なんでもできる自信がある。

次の10年、少なくとも今の1000倍は大きなことをやっている自分でありたい。