高橋みなみさんのリーダーシップについて

高橋みなみ、NHK討論番組内での発言が「大人過ぎる」と話題に~仕事観、世代間問題…

今週末、上記のニュースが話題となりました。
僕もたまたまリアルタイムで見ていました。

------------------------------------------------------------------
 「グループでやっていると、若い子もいっぱい入ってくるんですよ。
 私は22歳ですけど、14歳くらいの子が入ってきた時に、
 いろんなことを教えなきゃと思って、『(AKB48には)こんな歴史があって、
 こういう軍団で、こういうことをやっていかなきゃ』って。
 でも、若い子たちって、『えっ?』っていう感じなんですよ。
 なぜなら、(彼女たちは)若い子たちのルールで、若い子たちとして生きてきているから。
 『私たちが若い子たちに合わせて、一緒につくっていかなきゃいけないんだ』ということに気づいたんですね」
 ------------------------------------------------------------------

僕も大学の野球部時代、リーダーとしてチームを引っ張っていく上で、
世代間の思いや意識の違いに悩んだ時期がありました。
今は、平均年齢25歳のチームで働いていますが、
思いや意識の違いは、そもそものヴィジョンの違いや、育ってきた環境、
今置かれているポジションによってもそれぞれ違ったりしている気がします。
メンバーが少ない時期は特に目立たないですが、
メンバーが増えていくと、意識の差がさまざまな問題を引き起こします。
決して、世代によるだけではない問題なんだということを感じています。

自分も近い将来、会社を立ち上げ社長となったときに、
どう会社をまとめあげるのか、今のうちからシミュレーションしておく必要があります。
先日家族のヴィジョンを考えてから、
少しだけ、自分の行動が変わったように感じています。

やはりヴィジョンだったり理念が大切なんじゃないかなと思います。