紹介営業の極意「キーワードとタグ付け」の補足

 In 未分類

キーワードとタグ付け(動画)

 

(質問者Mさん)

自分のキーワードがなかなか見つけられません。
自分でもキャラ立ちさせたいなとは思うのですが、

キーワードが思い浮かばずありきたりな経歴になってしまいます…。

 

(福山)
自己紹介のポイント補足します。

 

1. ゴールデンサークル

 ⇒ what why howの順番で自分のやっていることを紹介すること

今の仕事や職場は

ひとことでいうと「何なのか」

「なぜ」選んだのか

「どのように」やるのか?

 

2. ストーリーテリング

 ⇒ 過去・現在・未来の順番に、自分がたどってきた流れを示す。

この時、理論的な要素と実践的な要素を入れると、聞き手の脳内に根強く印象を残すことができます。

より魅力的で分かりやすくするためには、過去の経験を掘り返せばキーワードをあぶり出すことができます。

 

福山 敦士
福山敦士 横浜生まれ横浜育ち。学生時代は野球部ひと筋。 小/中/高/大の全てで全国大会に出場。 日本一を2度経験する。日本代表にも選出される。 大学時代は野球に加え人工知能の研究に従事。 新卒でサイバーエージェントに入社し、子会社の取締役に就任。 現在は、会社を2社経営し、人工知能・認知科学を応用した独自の方法論を使ってあらゆる事業社(業種問わず)のグロースハックを支援。 レーザービーム社ではキャリア教育事業を主に行っている。
Recommended Posts

Leave a Comment