第2期のインターンが終了しました(カバン持ちインターン)

 In 未分類

「音楽で食っていきたいんです」
そんなアツい思いを持った19歳の若者が
レーザービームの門戸を叩いてきてくれました。

たった3日間でしたが、非常に内容の濃い時間でした。
彼自身の学びはこちらで詳細を掲載しております。

嬉しかった言葉を抜粋させて頂きます
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(ジャズが好きで練習をしている話をしたら)「それを突き詰めろ、最高じゃん」って言っていただけて。それが自分の中ですごい意外でした。自分でも勉強をおろそかにすることはダメだとわかっていましたし、父にも怒られてという状況の中で、福山さんのようにバリバリ社長をされている方が「最高じゃん」と言ってくれたことは自分の中ではすごい意外でした。呆れた顔されるだろうなという覚悟で打ち明けたので、それが意外にも「いいね」と言ってくれたのですごく嬉しかったです。

Q:これからは音楽を突き抜ける?
実際に福山さんが情熱的に働いてらっしゃるところを目の前で見て「かっこいいな」って素直に思いました。突き抜けることの大切さを行動で示してくださりました。社会でお仕事をして世の中を渡っていくということがかっこいいなと思いました。また色々な道があると思いました。一つを突き詰めてそれを突き抜けるっていうことは大切だとわかっているんですけれども、ただその選択は色々あることを学びました。それから大学の経営学部の授業はビジネスをする上で、社会でやっていくためにも、また一人の人間が身につけるべき教養としても、とても大切だと身をもって知りました。福山さんの情熱的なお仕事姿を目前で拝見して、自分は音楽も勉強も全部一生懸命やろうと思えました。ただその一方で、福山さんのようにつきぬける、まっすぐに頂点を目指すということは簡単なことではないと思っています。月100件営業に行ったり、それは本当にタフなことで、並大抵のことではないし、大変な戦いだと思いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(第3期は、随時募集しております)
http://www.lazerbeam.tokyo/contactus

<謝辞>
岩田さん、僕自身も非常に学びが多かったです。
ありがとうございました!
今回もご協力頂きましたみなさま、
快く受け入れてくださってありがとうございました!
そしてハヤトくん、インターンお疲れさまでした!




福山 敦士
福山敦士 横浜生まれ横浜育ち。学生時代は野球部ひと筋。 小/中/高/大の全てで全国大会に出場。甲子園ベスト8。 日本一を2度経験する。日本代表にも選出される。 新卒でサイバーエージェントに入社。子会社の取締役に就任。 「リファラルセールス(R)」という独自の手法を使って、 新規の顧客開拓を自由自在に行えることが強み。 2016年に独立。現在は、会社を2社経営。 レーザービーム社ではBPOサービス、キャリア教育事業を主に行っている。
Recent Posts

Leave a Comment