弱音を吐いてもらえる存在になること

スクリーンショット 2016-03-20 0.57.26

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
会社経営は種まきが全てだなと。
いつ咲いてくるかをある程度予想しつつも、
一つに執着せずそれぞれ咲いてくるのをじっくり待つ。
結果を出しにかかるのではなく、種をまくこと、水やりを続けること。
できることをきちんと続けること。それだけだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつどの球が咲くかわからないから、
とにかく多くの種をまいておくこと。
お客様に迷惑がかからない形で。

いろいろ、あれこれ考えることも大切。
でも、動いてみないと考え方が進化しないのも事実。
なぜなら答えはお客さんの中にあるから。

お客さんの声を浴び続けることが、
お客さんの立場になって物事を考える近道だから、
一言一言を聞き逃さないようにしていきたい。

お客さんにとって、
弱音を吐いてもらえる存在でありたい。