株式会社モスキートーンを設立しました

 In 未分類

logomosquitone

株式会社モスキートーンを設立致しました。

代表取締役 COOに就任しました。

設立に伴い公私ともにお世話になった方々に、この場を借りて深く御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

member

<モスキートーン社について>

表参道に拠点を構えました。
創業メンバーは3人。
88世代、27歳の熱き男たちです。
人様のお役に立てるような事業を創り、
多くの雇用を生み、より多くの税金を払い、
日本のみならず世界経済に貢献できるような、そんな会社にします。

<社名の由来>

「モスキート音」から。
モスキート音は、「若者にしか聴こえない音」と解釈しております。

聴力は加齢とともに衰えます。しかし実年齢とイコールではない。

聴こえる人には聴こえる音。努力次第では年老いても聴こえる音。

同じ場所で同じ音を聞いていても、聴こえている音は人によって違う。

歳をとり、様々なしがらみができ、ついつい聴こえなくなってしまう、

ユーザーの声、お客様の声、自分の本音に、

僕らは、きちんと耳を傾ける。聴き取る。

そして、いち早くサービスを提供するんだ。

そんな思いを込めてつけた名前です。

聴こえなくなったら引退します。

<おまけ>

第二候補は「株式会社満塁」でした。

「常にピンチ!常にチャンス!」

「野球部出身者は即採用!」

「社員数は9名まで」

「遅刻したら坊主」

「顧問に駒田さん…」

みたいなことを考えていました。割と本気で。

最初、1人で始める予定でした。

社印も作り、資本金も用意し、定款を作り、登記寸前でしたが、

絶妙なタイミングで、素敵な仲間が見つかったので、

満塁の社印と定款はそっとしまい、一緒にやることにしました。

<最後に>

会社の起ち上げに関わるのは、今回で3回目です。

サイバーエージェント本社を含めると、5年間で4回所属の会社が変わりました。
(※1度も転職をしていません)

名刺は何度も変わり、名乗る社名が変わることには慣れました。

オフィスが変わることは、当たり前という価値観になっていました。

自己資本で会社を創業するのは今回が初めてです。

しかし、意外と力まず、緊張し過ぎず、慌てすぎず、淡々とやれそうです。

それは多分これまで、常に自分がいる会社でオーナーシップを持って、

「自分が経営者のつもりで」やってこれたからだと思います。

そんな環境(サイバーエージェントグループ)に、改めて感謝です。

着るユニフォームが変わっただけで、背番号が変わっただけで、やることは変わらない。そんな感覚です。

淡々と上を目指し、一つ一つステップをきちんと登ろうと思います。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。




福山 敦士
福山敦士 横浜生まれ横浜育ち。学生時代は野球部ひと筋。 小/中/高/大の全てで全国大会に出場。 日本一を2度経験する。日本代表にも選出される。 大学時代は野球に加え人工知能の研究に従事。 新卒でサイバーエージェントに入社し、子会社の取締役に就任。 現在は、会社を2社経営し、人工知能・認知科学を応用した独自の方法論を使ってあらゆる事業社(業種問わず)のグロースハックを支援。 レーザービーム社ではキャリア教育事業を主に行っている。
Recent Posts

Leave a Comment