来年の今日、同じ悩みを持っている可能性があったら、何かを変えないといけない

 In 未分類

「これといってやりたいことがない」
「一応、自分なりにはがんばっている」
「成績も上がり、昇格し、給料も増えてきた」
「でも、このままでいいとは思っていない」

もしも、来年の今日、
おなじ悩みを持っている可能性があるなら、
何かを変えないといけない。

課題が進化していないというのは
自分が進化していないのと同じこと。

自分を進化させるには、目標設定が重要。
特に、計測可能なものにすること。

「できた・できなかった」が評価できなければ、
同じところをグルグル回ってしまう。

課題が進化していない人は、
話していてつまらない。

福山 敦士
福山敦士 横浜生まれ横浜育ち。学生時代は野球部ひと筋。 小/中/高/大の全てで全国大会に出場。 日本一を2度経験する。日本代表にも選出される。 大学時代は野球に加え人工知能の研究に従事。 新卒でサイバーエージェントに入社し、子会社の取締役に就任。 現在は、会社を2社経営し、人工知能・認知科学を応用した独自の方法論を使ってあらゆる事業社(業種問わず)のグロースハックを支援。 レーザービーム社ではキャリア教育事業を主に行っている。
Recent Posts

Leave a Comment