本音を何度も自問自答することで自己が磨かれる

 In 未分類

自分の気持ちと向き合うだけでなく、
きちんとパートナーに本音で伝えることで、
すごく前進した気がする週末でした。

創業以来、何度か話し合ってきたこと。
あまり公にしたくもないけど、
でもきっとどこかでも同じような悩みを持った組織はあったと思う。
正直、分裂するギリギリの話だと思うけど、
僕らはきちんと腹を割って話せた。
それだけで、強くなれた気がする。

お客さんに対してもそう。
本音で話すことで、いろいろと進むスピードが変わる。
OBや先輩方に対してもそう。
変に気を遣うより、ストレートにお願いした方が話が伝わる。
社内の人間に対してもそうだった。
コミュニケーションを大切にするからこそ、
本音で話すことが本当に大切だなと。

でも、本音で話すというのは、本当に難しいことだと思った。
自分の本音というのは、常に言語化しておかないと、出てこない。
暗黙的に悩んだ結果、最初に出てきた、あるいは言い当てられた言葉に、人はよく左右される。

悩みを言葉にし、吟味し、自問自答を重ねることで、
「本音を出す」だけでなく「どうしたら建設的な話し合いになるか」というところまで、
自分自身の中で進めることができる。

「なんだかすっきりした顔をしているね」と、
他人から言われ、気付いた。
この1ヶ月、ずっと溜め込んでいた感情、
受け止めてくれて、本当にありがとう。

福山 敦士
福山敦士 横浜生まれ横浜育ち。学生時代は野球部ひと筋。 小/中/高/大の全てで全国大会に出場。 日本一を2度経験する。日本代表にも選出される。 大学時代は野球に加え人工知能の研究に従事。 新卒でサイバーエージェントに入社し、子会社の取締役に就任。 現在は、会社を2社経営し、人工知能・認知科学を応用した独自の方法論を使ってあらゆる事業社(業種問わず)のグロースハックを支援。 レーザービーム社ではキャリア教育事業を主に行っている。
Recent Posts

Leave a Comment