明日やる仕事を今日やり、今日食べるものを明日食べること(金持ちになる方法)

 In 未分類

こちらも非常に参考になったので、メモ。

▼話すな、聞け。見るな、観よ。
人には口が一つなのに、耳は二つあるのは何故だろうか?
それは自分が話す倍だけ他人の話を聞かなければならないからだ。
「賢い人は質問をして、愚かな人は自分のしたい話をする」
という格言もあります。人は話し上手が好きですが、
聞き上手はもっと好かれます。


▼失敗を恐れず、行動する

「不幸を悲しむのは、不幸が起こってからでも遅くはない」
起こってもいないことを恐れて、
行動しない限り何かが変わることはありません。
「何も打つ手がないときにも、ひとつだけ必ず打つ手がある。
それは、勇気を持つことである。」
できない理由ではなく、「出来る方法」を模索すると、
知恵は自然に湧いてくるものです。

▼明日やるではなく、今やる
「金持ちになる方法は一つある。
明日やる仕事を今日やり、今日食べるものを明日食べること。」
つまり、楽しいことを後回しにして、
いまやるべきことを黙々と実行するべきだ、ということです。
「今それをしなかったら、いつできる日があるか。」
明日やると言うのは、自分の持っている今を捨てる行為です。

▼『脳みそ』が最強の武器だ
「人が生きている限り奪うことのできないものがある。それは「知識」である」
知恵に投資すれば、その知恵からの利回りはどんな株よりも良いものです。
「もし生活が貧しくて物を売らなければ
ならないとしたら,まず金,宝石,家,土地を売りなさい
最後まで売ってはいけないのは本である。」
本は賢者の知恵を数時間で吸収することができるものです。
だから、ユダヤ人は何よりもまず本を大事にするのですね。

▼すべてから学び取れ
「出会った人全てからなにかを学べる人こそ世の中でもっとも賢い。」
「あなたが知識を増やさないということは、実は知識を減らしていることになる。」
常に学ばなければなりません。なぜなら、私たちは常に忘れるからです。

▼ノーマネー・ノーフリーダム
「体のあらゆる部分は心に依存している。心は財布に依存している。」
「金は道具である。道具に支配される者はいない。
だから道具はできるだけ多く持っていた方がいい。」
お金を持つことで、お金の支配から、
はじめて自由になれます。お金の奴隷になるより、主人になりましょう。

▼本当の豊かさを知る
「豊かな人とは自分の持っているもので満足できる人のことである。」
自分の持っているものに満足できない人は、
どれだけ稼げても幸福にはなれません。
家族、友人、仲間・・・自分の持っているものをちゃんと評価し、
それがどれだけ良いか。現状に幸せを感じることが、
豊かさにとって一番重要なことです。

引用:https://www.youtube.com/watch?v=M8FNU-UYR-0




福山 敦士
福山敦士 横浜生まれ横浜育ち。学生時代は野球部ひと筋。 小/中/高/大の全てで全国大会に出場。 日本一を2度経験する。日本代表にも選出される。 大学時代は野球に加え人工知能の研究に従事。 新卒でサイバーエージェントに入社し、子会社の取締役に就任。 現在は、会社を2社経営し、人工知能・認知科学を応用した独自の方法論を使ってあらゆる事業社(業種問わず)のグロースハックを支援。 レーザービーム社ではキャリア教育事業を主に行っている。
Recent Posts

Leave a Comment