振り返り(2016/04/18週)

 In 未分類

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
★中期目標★
粗利  万円(9月時点)

☆4月目標☆
粗利  万円
実績  万円
達成率109%
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

<KEEP>
・新規事業案の強化案が出た
・G社、C社、決定!
・ターゲットについて課題感を持てたこと
・4月超過達成
・役割分担順調
・資料の骨子ができた
・D社契約完了
・会社としての諸々(税金、保険周り)が完了

<Problem>
・事業シナジーのないコンサルをどうするか
・ターゲット選定が悩ましい
・進捗させられていない案件がある
・エンジニアの採用
・リリース日未確定
・イベント参加数が足りてない
・会社の打ち出しをどうするか

<TRY>
堀・・・絵を描ききる:金曜までに(国民健保住所変更)
中野・・・イベント参加 5月で5件
福山・・・新規サービス提案5件

<所感>
5月の乖離をどう埋めるか
案件の単価を上げるか、件数を増やすか
事業シナジーを生むために、件数を増やすという考え方はそろそろやめて、
フォーカスとシナジーを達成させる必要が出てきた。
25日週から動き方を変える。提案を新規事業にフォー カスさせる。

採用は順調。
プロジェクト単位ではあるが、すでに10名程度の会社になろうとしている。
プロダクトの強化案も順調。社外の声を聞くとよい反応もあるが、
「ターゲットが曖昧」という意見に非常に考えさせられた。
すでに自分たちが当たれる対象を顧客とした方が、事業は立ち上がりやすい。
一方、自分たちが当たれる範囲をターゲットとすると、広がりが見えづらい。
ボトムアップ的に考えるか、トップダウン的に考えるか。

要素が増えると、説明がごちゃごちゃしてくるので、
もっとシンプルに核をついたサービスに仕上げたい。
それはプロダクトだけでなく、マーケティングも。
シンプルで力強く。

福山 敦士
福山敦士 横浜生まれ横浜育ち。学生時代は野球部ひと筋。 小/中/高/大の全てで全国大会に出場。 日本一を2度経験する。日本代表にも選出される。 大学時代は野球に加え人工知能の研究に従事。 新卒でサイバーエージェントに入社し、子会社の取締役に就任。 現在は、会社を2社経営し、人工知能・認知科学を応用した独自の方法論を使ってあらゆる事業社(業種問わず)のグロースハックを支援。 レーザービーム社ではキャリア教育事業を主に行っている。
Recent Posts

Leave a Comment