会社設立から2か月で20件の契約を獲得できた理由

 In 未分類

スクリーンショット 2016-05-07 12.14.09
※↑侍JAPANモデルのスーツを新調しました

会社設立から約2ヶ月が経ちました。

約40営業日で、20件の新しい契約をお預かりさせて頂きました。
僕は設立後も、月100件アポを続けております。

200件のアポで20件の新規契約ですが、
全部が全部新規のお客様ではないため、
新規契約率でいうと20%近く出ているようです。

前職でのお取引顧客をそのまま引き継ぐということは一切やりませんでした。
20件の契約は全て、まっさらな状態から営業を始めさせて頂きました。
これまで集めた約5000枚ほどの名刺は、全て前職のメンバーに預けてきました。
ちなみにeightという素晴らしいツールは使っていません。
アカウントすらありません(就活でSansan受けていましたが)。

最初は不安もありましたが、今はむしろそれで良かったと思っています。

前職のお客さんをそのまま引っ張っている限り、
プチサイバーエージェント・プチシロクの域を出ないからです。
そんなつもりで起業したわけではないし、むしろすぐに超える計画です。

とはいえ、
これまでお付き合いさせて頂いていてお客さんは、
みんな大好きですし、本当にお世話になったし、
僕が生きている間に、また何かしらで力になりたいので、
今後、別の形でお力になれたらと常に願っています。

最後に、なぜ会社設立から2か月で20件の契約を獲得できたのか、
自分なりの考察を書き残しておきます。

①強みで戦うと決めたこと
BtoC、ものづくりが得意な堀
BtoB、事業開発が得意な福山
芸能関係、マスメディアが得意な中野
それぞれの得意領域を明確にし、そこで戦うと決めました。
同時に、捨てる球(やらないこと)を決めたことによって、
一つ一つの案件に労力をかけられていることが要因かと考えております。

②毎週、振り返りをしていること
成功要因、失敗要因を毎週言語化しています。
結果を出すことは、相手ありきのことなので、
全てを自分・自社でコントロールはできませんが、
要因を言語化することは、
雨が降っても、1日8件アポがあってもできます。
「できることを、ちゃんと続ける」
それが成功の再現性を高めるのだと思います。

③行動量を落とさないこと 
前職時代に見つけた方法論:1か月100件アポ。
始めてから、3年目になります。今も続けています。
僕は地頭が強い方ではないので、
自分の頭だけで考えて、世の中に求められているものを探し出すことはできず、
お客さんの課題を発見することもできないから、足を運ぶことを続けています。

上記は全て、野球部時代から培ってきました。
僕は野球をやっていた頃から、いわゆる野球ノートなるものに、
自分の思考・行動・知覚情報を書き続けてきました。大学時代だけでノート60冊以上。
結果を出すことは、相手ありきのことなので、
全てを自分でコントロールはできませんが、
言語化すること、し続けることは、できます。

「誰にでもできることを、誰にも負けないくらいやる」
多分、これが僕の強味なんだと思います。

野球部時代からそれは変わらない。
だから僕は初対面の人に、あえて野球のキャリアから話しております。

福山 敦士
福山敦士 横浜生まれ横浜育ち。学生時代は野球部ひと筋。 小/中/高/大の全てで全国大会に出場。甲子園ベスト8。 日本一を2度経験する。日本代表にも選出される。 新卒でサイバーエージェントに入社。子会社の取締役に就任。 「リファラルセールス(R)」という独自の手法を使って、 新規の顧客開拓を自由自在に行えることが強み。 2016年に独立。現在は、会社を2社経営。 レーザービーム社ではBPOサービス、キャリア教育事業を主に行っている。
Recent Posts

Leave a Comment