人生はスケジュール帳

 In 未分類

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-28-1-29-24

人生は極めて短いです。

僕の場合は60年を1つの目安にしてます。
理由はこちら。

人生とはスケジュール帳だなと
最近よく思います。

スケジュール帳は、ほぼイコール人生です。
時間は揺るぎない指標です。

1日24時間、1週間は7日、1年は365日、
全て計算ができるようになっている。
時間の使い方が人生そのものと言っても過言ではない。

最近よく思うのは、
スケジュールに空白を作ることで、
未来への投資時間を作ることができるなと。

今の僕の場合、空白の時間はこのブログを更新している
0-4時の時間です。この時間はゴールデンタイム。
余白、空白が人生の可能性を広げる。

今月から、打ち合わせの時間を調整し、
1週間に1日、人と会わない時間を作るようにしました。
自分自身と向き合う時間です。

これは忙しくなればなるほど、難しい。

「スケジュール帳は、ほぼイコール人生」
言い換えると
誰と付き合うかで、人生は左右されます。

スケジュール帳に誰の名前を入れるかで、
自分の人生の向かう先が決まります。
良くも悪くも、人は人に影響を受けます。

自分が最近1週間で一緒に過ごした時間の長い人
上位5人の平均値(平均年収)が自分という説があります。
かなりの確率で当たっています。

<人間が変わるための3つの方法>
1つ目は時間配分を変えること。
2つ目は住む場所を変えること。
3つ目は付き合う人を変えること。

大前研一さんの名言です。

住む場所については、また今度。

福山 敦士
福山敦士 横浜生まれ横浜育ち。学生時代は野球部ひと筋。 小/中/高/大の全てで全国大会に出場。甲子園ベスト8。 日本一を2度経験する。日本代表にも選出される。 新卒でサイバーエージェントに入社。子会社の取締役に就任。 「リファラルセールス(R)」という独自の手法を使って、 新規の顧客開拓を自由自在に行えることが強み。 2016年に独立。現在は、会社を2社経営。 レーザービーム社ではBPOサービス、キャリア教育事業を主に行っている。
Recent Posts

Leave a Comment