一瞬の勇気が一生を変える

 In 未分類

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-04-0-23-19


徐々に変わるなんてない
変えるのは一瞬の勇気だけ
一瞬の勇気が一生を変える

最近、独立したいという方からの相談をよく頂きます。
今日だけでも5名の方と話しました。

以前、たまたま野球部出身の方に対して話した
野球選手の決断の事例が割と好評だったので、
書き残しておきます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-04-0-19-41

メジャーに挑戦し、大成功を収めた田澤 純一さんの話です。

10年ほど前に、こんなランキングがありました。
神奈川高校野球の人気ランキング(右投手編)です。
今考えると恐縮すぎるランキングです

彼は、日本のプロ野球ではなく、いきなりメジャーに進みました。
2008年当時、前代未聞過ぎて、日本のプロ野球が怒り、
帰国しても2年間(高卒は3年間)は日本のプロ野球チームに入れないという
「田澤ルール」という制度までできてしまいました。
今彼は、海の向こうで大活躍しています。

これまで日本の野球選手は、
下記のステップでメジャーへの挑戦を進めていました。

アマチュアで活躍⇒プロ野球で活躍⇒メジャー挑戦
尊敬するイチロー選手も然り。

田澤さんは、一個飛ばしました。
「日本で活躍してから」というプロセスを飛ばしました。
いきなりメジャーリーグという華やかな舞台ではなく、
2A⇒3Aという、過酷な道を進むことになりました。
どのくらい過酷かはこちらのリンクに詳しく書かれています。
簡単に言うと、
アスリートが十分なパフォオーマンスを発揮できるような、
細やかな配慮があるような環境ではないということ。
バスで10時間の移動は当たり前、グランドはボコボコ、
食事はハンバーガーのみなど

それでも彼はポジティブだった。
(本人曰く自分はマイナス思考とのこと)
日本球界から、ある種敵扱いされてしまい、
前代未聞の決断をしてしまい、
メジャーで成功するしか道がなかったのかもしれない。

僕も一部の人を敵に回す辞め方をしました。
円満退社などありません。
辞めた決断を正解にするしか、
進む道はありません。

福山 敦士
福山敦士 横浜生まれ横浜育ち。学生時代は野球部ひと筋。 小/中/高/大の全てで全国大会に出場。 日本一を2度経験する。日本代表にも選出される。 大学時代は野球に加え人工知能の研究に従事。 新卒でサイバーエージェントに入社し、子会社の取締役に就任。 現在は、会社を2社経営し、人工知能・認知科学を応用した独自の方法論を使ってあらゆる事業社(業種問わず)のグロースハックを支援。 レーザービーム社ではキャリア教育事業を主に行っている。
Recent Posts

Leave a Comment