ユダヤ人が大切にするビジネスの考え方とは

 In 未分類

スクリーンショット 2016-08-11 3.18.30

ある事業アイデアを考えた。

それを日本人に当てると、
第一声にくる返答は

「どういうビジネスモデル?」

ユダヤ人に当てた時の
第一声にくる返答は

「リピート率はどれくらい?」

ユダヤ人のビジネスの始め方についてメモ
・努力を無駄にしないこと
・船に穴が空いていると、どんな豪華客船でも沈んでしまう
・穴がないかを調べること

ちなみにリピート率は65%を超えることが条件とのこと。
何日後、何ヶ月リピート率なのかは聞けなかったが、
ようは半分以上の人がリピートするということが、
ビジネスを成立させる条件であるということは、
よく理解できた話でした。




福山 敦士
福山敦士 横浜生まれ横浜育ち。学生時代は野球部ひと筋。 小/中/高/大の全てで全国大会に出場。 日本一を2度経験する。日本代表にも選出される。 大学時代は野球に加え人工知能の研究に従事。 新卒でサイバーエージェントに入社し、子会社の取締役に就任。 現在は、会社を2社経営し、人工知能・認知科学を応用した独自の方法論を使ってあらゆる事業社(業種問わず)のグロースハックを支援。 レーザービーム社ではキャリア教育事業を主に行っている。
Recent Posts

Leave a Comment