チーティングについて

 In 未分類

先週、こんなエントリーを見つけた。
10年努力するより、1日勇気出すほうが人生が変わる。

記事に出てくる「チート」で思い出したことがある。

チーティングについてだ。
残念ながらググってもなかなか出てこないのですが、
この動画が似たようなことを言っている。

簡単に言うと、
バッターがキャッチャーのミットを見ること。

有名なところでいうと、横浜高校とかは顕著にやっていた。
インコースに構えていれば、ピッチャーが投げる瞬間に足場を変えて打つバッターもいた。
高校時代、すごく嫌だった。
しかし、高等技術であることは間違いないし、
キャッチャーが構えたからといって、必ずしもそこのコースにくるかどうかはわからない。
ルール違反でもないとのことだ(審判の解釈によるが)。

高校3年の夏は、チーティングどころか、
あらゆるサインを丸裸にされて、球種もコースも全て見破られ、
コテンパンにされてしまった。ちょうど10年前の今日。

でも、今僕はビジネスでこれをやっている。

来る未来を、あらゆる情報にアクセスしながら、
より高い精度で予測して、そこをめがけて思い切り振り抜く。
結果、ヒットもホームランも打ってきた。

ビジネスにおけるチーティングは、全くもって問題ではない。
未来を見通す力は、つまるところ情報収集能力である。
未来を変える力は、決断力である。

野球で勝てなかった事実を認め、
負けた原因、相手チームとのギャップをきちんと分析し、
別のドメインで必ず勝つための糧に出来た。

野球の指導者は、
キャッチャーのミットを見て打つことを教えるのではなく
来るべき未来を見通す力
を育むべきだと思います。
少なくとも、僕は高校野球・大学準硬式野球でそれを身につけました。

そんなチーティングの話。




福山 敦士
福山敦士 横浜生まれ横浜育ち。学生時代は野球部ひと筋。 小/中/高/大の全てで全国大会に出場。甲子園ベスト8。 日本一を2度経験する。日本代表にも選出される。 新卒でサイバーエージェントに入社。子会社の取締役に就任。 「リファラルセールス(R)」という独自の手法を使って、 新規の顧客開拓を自由自在に行えることが強み。 2016年に独立。現在は、会社を2社経営。 レーザービーム社ではBPOサービス、キャリア教育事業を主に行っている。
Recent Posts

Leave a Comment