エンジニアを同席させて安心してしまう営業メンバー向け

事業部のメンバーを動向させて、受注率を高めようという施策は、
会社としてのシナジーを発揮しており、大変素晴らしいことです。
一方で、開発メンバーを同席させることだけで安心してしまうのは、
ちょっともったいないです。

ビジネスを前に進めるのは、あくまで営業メンバーの仕事だからです。
開発の詳細な話をすることが絶対条件ではないからです。
シロクの営業スタイルは「提案型」です。
言い換えると「問題解決型」コンサルティング営業が前提としてあります。
「目標ー現状ー解離」のフレームワークに沿って話を前に進める必要があります。
課題を明確化し、解決策を一緒に考えること。
なので、事業部メンバーを同席させることはあくまで「手段」です。
営業メンバーが、ビジネスを前に進め、大きく育てることに
本気で責任を持って、社内のリソースを使っていきましょう。

「じゃあ、なるべく同席とかはさせない方がいいかな」
ではなく、とことん連れまわして大丈夫です。
その代わり、ビジネス成果がでなければ倍不幸なので、覚悟して臨みましょう。
どんな形でもいいから、会社にとって、自分にとって、
メンバーにとってプラスになるような成果を掴み取りましょう。