がんばってるつもりはないけど、成果が出る状態が強味を活かせてるとき。

 In 未分類

スクリーンショット 2014-03-29 21.41.26

 
先日、S山さんに頂いた言葉です。
 
強味を正しく理解し、そこで戦えると、誰も勝てない。
自分はがんばってるつもりはないけど、成果が出る状態になる。
自分のやりたいことや、会社としてやるべきことが分かっていても、
自分の強味じゃないところで戦っていては、成果が出づらかったりする。

僕の場合、サービスの新規企画を考えることは苦手でしたが、
新規のお客を探して売り込むことだったり、
外部パートナーとのアライアンスを進めるのは得意でした。

3年目、自分の強味になんとなく気付き、
そこで戦うことに集中したことで、成果が出やすくなってきました。

新規開拓、アライアンス、経営視点を持った営業、
サービス開発・運用視点を持った営業、キャラ、
素直さ、臆さないこと、突破力、行動量、、、
まだまだ言語化しきれていませんが、この辺なような気がしています。

人によって、個々の強味は変わってくるはずなので、
今後入ってくるメンバーそれぞれの強味をきちんと理解し、
勝てる勝負で戦えるように、サポートしていきたいと思います。

福山 敦士
福山敦士 横浜生まれ横浜育ち。学生時代は野球部ひと筋。 小/中/高/大の全てで全国大会に出場。 日本一を2度経験する。日本代表にも選出される。 大学時代は野球に加え人工知能の研究に従事。 新卒でサイバーエージェントに入社し、子会社の取締役に就任。 現在は、会社を2社経営し、人工知能・認知科学を応用した独自の方法論を使ってあらゆる事業社(業種問わず)のグロースハックを支援。 レーザービーム社ではキャリア教育事業を主に行っている。
Recent Posts

Leave a Comment