お客さんを見つける力

 In 未分類

僕自身、リスト用意して上から順番にアタックするというのは、めちゃくちゃやってきました。CABeatの起ち上げもNBUセールスの起ち上げもシロクの起ち上げも。でもそれよりも、がむしゃらに目の前のお客さんに提案、提案を繰り返してきた方が結果的にお客さんと仲良くなれて、本音が聞けて、紹介もらえるケース増えて、自信もついたから新規アタックも確率高まって、アポが枯れない状態になりました。ここ1年自らリスト作らなかったことによる機械損失も生まれているとは思います。

「お客さんを自らの力で見つけてくる」
この力は、リスト作る以外でも自分のがんばりで別の形で広がるケースもあります。
今朝、本部でGrowth Gamesを紹介したところ、感動してくれて、他のメンバーを紹介してくれるということが起きました。その方は○ンホー、コ○プラ、スーパー○ルを担当してる方でした。

今回の場合は「シリアルコード無しで事前登録できたらやりますか?」という一言で一気に時間をもらい、更にKさんというエグゼクティブを紹介してもらいました。
10:30に、12時までに○ガにコンペ資料提出しないといけないという状況のSさんから時間をもらうことができました。多分「新しいサービスの紹介をさせてください」だとダメだったと思います。Growth Games紹介のフィードバックを自分自身でも体験し、みんなのYammerの投稿、evernoteを見てるから、誰よりも自信を持って提案できるんだと思います。

この「お客さんを自らの力で見つけてくる力」を誰かに委ねてしまうと組織の伸び悩みが起きてしまうんじゃないかと危惧しています。何より営業マンとしての喜びは、自ら見つけたお客さんを一から育てていき、売上を伸ばすことに貢献し、予算拡大してもらうことなんじゃないかなと思います。

自分が誰よりもがんばれることを、とにかく一生懸命に行うことで道が拓ける、そんな話です。
ぜひ一度、自分がどんなことなら誰よりもがんばれるのか考えてみて頂けますと!

福山 敦士
福山敦士 横浜生まれ横浜育ち。学生時代は野球部ひと筋。 小/中/高/大の全てで全国大会に出場。甲子園ベスト8。 日本一を2度経験する。日本代表にも選出される。 新卒でサイバーエージェントに入社。子会社の取締役に就任。 「リファラルセールス(R)」という独自の手法を使って、 新規の顧客開拓を自由自在に行えることが強み。 2016年に独立。現在は、会社を2社経営。 レーザービーム社ではBPOサービス、キャリア教育事業を主に行っている。
Recent Posts

Leave a Comment