「振り返り」に正しさなんて求めてはいけない。

Aさん
「今週は結果が出た。来週も頑張ろう」

Bさん
「今週は結果が出なかった。アクション量が足りない。来週はもっと動く」

Cさん
「今週は結果が出なかった。アクションの数と種類を分析すると、足りていないのはこれかもしれない。それを増やすためには、減らすことを決める必要があり、どれをやらない決断をするか」

どれが正しいとかはないです。
一見、Aさんの振り返りが浅く、Cさんがしっかり振り返っているようですが、
よく話すボーリングの事例にある通り、結果が出るフェーズは、
必ずしも詳細分析をしている期間とは限らない。
大雑把な思考をしている時の方が結果が出るときもある。
再現性を高める努力は別で必要とい前程で。

「振り返り」に正しさなんて求めてはいけない。
進化するきっかけにする手段でしかない。