「今日中にやります」というスピード感。

 In 未分類

スピード感は大事。
スピードは競争力になる。
スピードは成功確率を高める。
スピードは感動を生む。
やる気はスピードでしかない。
圧倒的なスピードがないと、先行者とは戦えない。

何かしらのタスクが降ってきたとき、
「来週中にやっておく」というコミュニケーション。
「今日・明日までにやる」というコミュニケーション。
ここの反応が生死を分ける。

前職時代、ある会社への謝罪アポのとき、
「申し訳ございません。来週までに敬意報告書を提出させて頂きます」
と僕がクライアントの社長に伝えたときに、
「御社はそんなスピード感なんですね」と、
皮肉を言われたことがあります。

ベンチャーとはそういうものだと思います。
会社の規模は関係ありません。

大企業や、いろんなしがらみを受けてたのは過去の話。
今は何もない、ただのベンチャー。スピードを失ったら負け。
今やらない理由があるのか。今決められない理由があるのか。
限界を自分で決めてしまうのはもったいない。
圧倒的なスピードがないと、先行者とは戦えない。

福山 敦士
福山敦士 横浜生まれ横浜育ち。学生時代は野球部ひと筋。 小/中/高/大の全てで全国大会に出場。 日本一を2度経験する。日本代表にも選出される。 大学時代は野球に加え人工知能の研究に従事。 新卒でサイバーエージェントに入社し、子会社の取締役に就任。 現在は、会社を2社経営し、人工知能・認知科学を応用した独自の方法論を使ってあらゆる事業社(業種問わず)のグロースハックを支援。 レーザービーム社ではキャリア教育事業を主に行っている。
Recent Posts

Leave a Comment