「しないといけない」から「してはいけない」にして、ルールの数を絞ろうと思います

 In 未分類

「まず指示されたことを100%こなしてください」

先週、ミスが続いたメンバーに対して伝えた言葉です。
自分で口にしてからはっとしたのですが、
言われたことを100%こなすというのは、自分ですらできていない。

日々、営業活動を続けていく中で、
やりたいこと、やらなければならないことは増え続けます。
その上で、更に社内ルールとしてやらないといけないことを課すのは、
負荷が大きく、実行フェーズで漏れが生じやすい原因となります。

特に、現状だとメンバーそれぞれが、
今の倍以上クライアント数を増やし、
もっと裁量権を持って主体的に動いてもらいたいので、
余計なルールを増やしたくないと考えています。

「やるべきことよりも、やらないことを決めた方が守りやすい」

何かの記事で読んだような気がします。
次のトライとして、メンバーへのアドバイスを、
上記に切り替えようかと思います。

福山 敦士
福山敦士 横浜生まれ横浜育ち。学生時代は野球部ひと筋。 小/中/高/大の全てで全国大会に出場。甲子園ベスト8。 日本一を2度経験する。日本代表にも選出される。 新卒でサイバーエージェントに入社。子会社の取締役に就任。 「リファラルセールス(R)」という独自の手法を使って、 新規の顧客開拓を自由自在に行えることが強み。 2016年に独立。現在は、会社を2社経営。 レーザービーム社ではBPOサービス、キャリア教育事業を主に行っている。
Recent Posts

Leave a Comment