「ありがとう」を原動力にする

 In 未分類

いきなりワタミみたいなことを言いますが、
前回のブログで書いた下図の内容について、こちらでまとめます。

スクリーンショット 2014-05-11 19.40.39

「営業マンとお客様」の関係から、
「同じ目標を目指すパートナー」の関係になれると、
お客様と同じ目線に立つことができます。
同じ目線に立つと、より共感できるようになります。
共感できるようになると、感謝されるようになります。
お客様に感謝されると、それが原動力になります。
感謝の輪に囲まれると、楽しんで営業ができます。
楽しんで営業ができるから結果が出やすくなります。

「営業マンとお客様」⇒「同じ目標を目指すパートナー」
になるところが1番難しいのですが、
ここは一朝一夕には完成しない信頼関係を構築するところなんだと思います。

先日、半年近く継続的にお取り引きさせて頂いているお客様から、
こちらから持って行った大規模な提案内容を、
そのまま別の会社に共有されて進められるという、とても悔しい思いをしました。
自分では信頼関係を構築できているつもりでしたが、
まだまだ修行が足りなかったと痛感しました。

上辺の満足ではなく、感動の涙を流してもらえるくらい、
もっともっとがんばろうと、強く思いました。

福山 敦士
福山敦士 横浜生まれ横浜育ち。学生時代は野球部ひと筋。 小/中/高/大の全てで全国大会に出場。 日本一を2度経験する。日本代表にも選出される。 大学時代は野球に加え人工知能の研究に従事。 新卒でサイバーエージェントに入社し、子会社の取締役に就任。 現在は、会社を2社経営し、人工知能・認知科学を応用した独自の方法論を使ってあらゆる事業社(業種問わず)のグロースハックを支援。 レーザービーム社ではキャリア教育事業を主に行っている。
Recent Posts

Leave a Comment